さくらVPS WordPress 移設・移転・引っ越し方法 (1)データベースのエクスポート



 さくら VPS に WordPress を丸ごと移転・移設・引越しさせる方法で、できる限り分かりやすく記載させて頂きます。
 下記手順では、独自ドメインで運用しているさくらのレンタルサーバーから、さくらのVPSへの移設方法ですが、他の場合でも参考になるかと存じます。
 ドメインのURLじたいは「変更なし」を前提と致しております。ドメインネームサーバー(DNS)適用は変更となりますが・・。

■作業にあたっての注意点
 
 VPS(新しいサーバー)に、WordPress 一式を移しても、古いサーバーのファイルはすぐに削除などしないで、新サーバーでの稼働を充分確認するまで、そのままにしておき、設定失敗した際に、いつでも戻せる状態にしておきましょう。
 同様に、ドメインのDNS(ネームサーバー設定)変更に伴う、アクセス不可を防ぐためDNS変更は、WordPressの移設がすべて終わった後に、DNS変更開始しましょう。



(1) さくらレンタルサーバーのMySQLデータベースをバックアップ(エクスポート)する

 まず、元のWordPressのMySQLデータの内容を、丸ごとエクスポート(ダウンロード)します。
 さくらレンタルサーバーの「サーバーコントロールバネル」より「データベース設定」にある「管理ツール」の中 (中段くらいの位置に表示されている)の「管理ツールログイン」より接続して、旧サーバデータベースを丸ごとエクスポートします。
 複数のデータベースがある場合には、左側の選択から、エクスポートしたいデータベース名を選択してから、エクスポートしてください。
 数秒でダウンロードできます。
 詳しくは、下記サイトの説明が大変分かりやすかったです。

 さくらのレンタルサーバーをお使いでない場合には、ご利用のレンタルサーバーのFQAなどで、エクスポート方法をご確認なさってください。

 → さくらVPS WordPress 移設・移転・引っ越し方法 (2) に進んでください

閲覧ありがとうございます。ご参考になりましたでしょうか?
  • すごく良かった 
  • 参考になった 
  • 普通だった 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!





プチ起業から本業にも?
Googleから入金される健全・王道の広告収入「在宅型副業」
アクセスアップ塾(オンライン)

無料でアクセス向上作戦をメール配信
無料登録は下記にどぞ。


takada素浪人

投稿者プロフィール

お忙しい中「脱藩起業」をご覧頂きまして深く御礼申し上げます。
現在、サイト運営の広告収入のみで生活している個人事業主です。
このサイトにてアドセンス広告は掲載しておりませんが、WordPressを使用したアフィリエイトや広告展開、そして愚痴などを中心に言いたいことも掲載させて頂いております。
あと採算度外視で「ブログで稼ぐオンライン・アクセスUP塾」を主催しており、海外・日本全国の皆様のご参加を賜っております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント


その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス


アクセス向上メルマガを無料購読

Twitter でフォロー

【A8.netに登録しよう!】
◇ 広告主数・アフィリエイトサービス数日本最大級☆
◇ 登録はもちろん無料、審査なしのアフィリエイトサービス☆
◇ 使いやすいサイトNO.1
アフィリエイトならA8.net
ページ上部へ戻る