WordPressにおける「固定ページ」の活用方法【投稿ページとの違い】

アメーバプレスの活用術


WordPressでは主に「投稿ページ」と「固定ページ」の2つから記事を追加できます。

でも、そもそもなぜ、同じ記事を投稿するのに、投稿ページと固定ページの2種類があるのでしょう?

投稿ページでは、カテゴリ設定やタグ設定ができ、時系列にて投稿・表示され、新着表示もされます。
それに対して固定ページは、トップページでの新着表示やカテゴリーなどとは連動しませんが、階層を持たせる事は可能となっています。

すなわち、SEO的には投稿ページの方がはるかに優れていますので、積極的に検索エンジンのクローラー巡回してもらいたい場合には、極端な話、固定ページではなく、すべて投稿ページにて作成しても良い位です。

私の場合には、プライバシーポリシー、記事一覧、プロフィール程度を固定ページにて記載致しております。

もし、プロフィールといった自己紹介も、たくさんの方に見てもらいたい場合には、記事ページにて作った方が得策とも言えます。



なお、ワードプレスの固定ページは会社案内サイトなどを構築する場合には便利です。

固定ページはカテゴリーは持てませんが、親階層、子階層などの階層を設定することができるからです。

例えば会社概要を制作する場合には
固定ページの親「会社概要」
固定ページの子「社長メッセージ」「事業案内」「会社沿革」
その事業案内の孫として「モバイル事業部」「インターネット事業部」「海外営業部」
などと言った段階層を作っての活用が可能な訳です。

ただし、繰り返しますが、SEO的には「投稿ページ」の方が検索エンジンの評価が高くなりますので、積極的に見てもらいたい場合には、固定ページはあまり使わない方が良いでしょう。

閲覧ありがとうございます。ご参考になりましたでしょうか?
  • 普通だった 
  • 参考になった 
  • すごく良かった 




5万文字以上のブログ収入を得る為の「実践バイブル」を創刊致しました。
読切タイプの参考本的な内容です。詳しくは下記をご参照願います。
takada式「ブログで収入を得る実践テクニック」(適時追加あり)

無料でブログ・サイトの「アクセス向上」を狙うノウハウマガジンです。
無料購読可能→いつでも購読中止できるnoteにて無料配信中。
takadaのブログで収入講座(無料版)

takada素浪人

投稿者プロフィール

お忙しい中「脱藩起業」をご覧頂きまして深く御礼申し上げます。
現在、サイト運営の広告収入のみで生活している個人事業主で、2015年はお陰様で、運営サイト全体数値ですが2500万PVを達成致しました。
このサイトにてアドセンス広告は掲載しておりませんが、WordPressを使用したアフィリエイトや広告展開、そして愚痴などを中心に言いたいことも掲載させて頂いております。
もしよろしければ、Facebook・Twitterなどでご感想やご質問など賜りますと嬉しいです。(^-^)
あと「ブログで稼ぐオンライン講座」も始めました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ご挨拶

いつもご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

お陰様で、2016年1月~11月は、このサイトを含めた運営サイト合計で4935万PVとなりました。

プロフィール

Twitter でフォロー


2016年8月、最新刊を電子書籍にて格安配信開始致しました。
ページ上部へ戻る