さくらVPS WordPress 移設・移転・引っ越し方法 (8)  ドメインのネームサーバー設定変更手続き

0004


 ← さくらVPS WordPress 移設・移転・引っ越し方法 (7) からの続きです。

 WordPressで、以前使用していたドメインはそのまま継続使用して、サーバーだけ移設する場合には、ここに来た段階で、ドメインネーム(DNS)の設定を変更してください。
 先にWordPressの移行を済ませておかないと、閲覧不能時間が長時間になってしまうからです。その為、ここまでの説明では先にファイルの丸ごと移転を説明して参りました次第です。



 DNSは、さくらVPSが無料提供する5ソーン分を使って、さくらのDNSを無料で使う方法もありますが、私の場合はムームードメインでドメイン管理させているので、ムームーDNSが無料で使えます。
 その為、ムームードメインのコントロールバネルより、ムームーDNSを使って、ドメインネーム(DNS)を旧サーバーから、新サーバーへと設定変更手続き致しました。

 もし、あなた様も、私と同じようにムームーDNSをお使いになられる場合は、
 「ムームードメインで取得したURLをさくらVPSに設定する方法
 が、大変参考になりましたので、ご紹介させて頂きます。

 説明では、ネームサーバーの浸透に数日要するとありますが、.COM や .NET などであれば、数時間で浸透すると思います。
 ただし、うまく、移行されない場合がありますので、何かあった場合に備えて、緊急対応できる体制を整えて、待機しておくと良いですので、ネームサーバー変更のタイミングは、何時間もパソコンとにらめっこできる時に行いましょう。

■ DNSが浸透してからの表示確認

 DNSの変更ほ行うと、プラウザで以前のURLにアクセスしても、何も表示されないなどの表示エラーとなります。念のため「リロード(再読込)」して、表示確認してください。
 DNSが浸透すると、新サーバーの内容が表示されます。
 特に問題が発生していなければ、普通にWEB閲覧できる状態になっていると存じます。
 閲覧できる状態であれば、各機能が正しく動くか、確認願います。

 私の場合は「メディア」のアップロードができないのが判明致しました。画像投稿すると、下記のようなエラーが発生したのです。

 エラーのためアップロードに失敗しました
 アップロードしたファイルをwp-content/uploads/2013/11に移動できませんでした。

 WordPress 3.5からは wp-config.php に設定を書くように変更されているので wp-config.php に
[text]
 define(‘UPLOADS’, ‘uploads’);
[/text]
 を追記して、アップロードのフォルダを強制的に指定してみました。
 また、ついでに、プラグインの更新でもつまづかないように下記も追記。
[text]
 define(‘FS_METHOD’,’direct’);
[/text]
 ——————————————-
 上記でダメな場合は下記をお試しください。

 http://ドメイン/wp-admin/options.php にブラウザでアクセスすると、WordPressの「すべての設定」ページが開きます。

 upload_path の空欄を wp-content/uploads と指定する
 ——————————————–

 しかし、画像のアップロードはできず、wp-content の下位すべてに影響しており、プラグインやテーマの更新もできない状態でした。
 すなわち、wp-content フォルダへのアクセス権限がないのです。でも、パーミッションは間違っていないのがわかり、最終的に 所有者(root権限)の問題だと考え、所有者をrootなどではなく Apacheユーザーに権限を与えるように変更してみました。

 Tera Term で下記のコマンドを入力。
[text]
 su –
[/text]
[text]
 chown -R apache:apache /var/www/html/
[/text]
 私の場合は、html/の後にマルチドメイン用のディレクトリを設けているので、下記のような記述になります。
 sudo chown -R apache:apache /var/www/html/****/

 上記のように、WordPress全てへの権限を、コマンドからApache権限を与えてみたら、無事に画像の投稿や、プラグインの更新などができるようになりました。
 apache権限はWordPress全体でないと、sitemap.xml ファイルも更新されません。

 しかし、これでは FTPソフトからだと、変更権限がなく、FTPからはファイルの更新ができません。
 どうすれば、FTPソフトからのroot権限と、Apache権限の両立ができるのか? までは、私の知識では不明なため、ご容赦を・・。

 以上、WordPressをさくらのVPSに移設させる方法でした。
 長い説明を最後までご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

 ← (1) 最初の説明に戻る

閲覧ありがとうございます。ご参考になりましたでしょうか?
  • 普通だった 
  • 参考になった 
  • すごく良かった 




5万文字以上のブログ収入を得る為の「実践バイブル」を創刊致しました。
読切タイプの参考本的な内容です。詳しくは下記をご参照願います。
takada式「ブログで収入を得る実践テクニック」(適時追加あり)

無料でブログ・サイトの「アクセス向上」を狙うノウハウマガジンです。
無料購読可能→いつでも購読中止できるnoteにて無料配信中。
takadaのブログで収入講座(無料版)

takada素浪人

投稿者プロフィール

お忙しい中「脱藩起業」をご覧頂きまして深く御礼申し上げます。
現在、サイト運営の広告収入のみで生活している個人事業主で、2015年はお陰様で、運営サイト全体数値ですが2500万PVを達成致しました。
このサイトにてアドセンス広告は掲載しておりませんが、WordPressを使用したアフィリエイトや広告展開、そして愚痴などを中心に言いたいことも掲載させて頂いております。
もしよろしければ、Facebook・Twitterなどでご感想やご質問など賜りますと嬉しいです。(^-^)
あと「ブログで稼ぐオンライン講座」も始めました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ご挨拶

いつもご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

お陰様で、2016年1月~11月は、このサイトを含めた運営サイト合計で4935万PVとなりました。

プロフィール

Twitter でフォロー


2016年8月、最新刊を電子書籍にて格安配信開始致しました。
ページ上部へ戻る