さくらVPS WordPress 移設・移転・引っ越し方法 (5) MySQLデータベースのインポート

0017


 ← (4) phpadmin のインストール からの続きです

 プラウザから http://サーバーのIPアドレス(数字)/phpmyadmin にアクセスして、エクスポート(ダウンロード)していたWordPressのMySQLデータをインポートします。
 
 左側より、作っておいた「データベース名」を選択して、上記タブの「インポート」をクリック。

 アップロードファイルより、インポートするファイル(エクスポートしておいたMySQLのファイル)を選択して、一番したの「実行」をクリックすると、数秒程度でアップロードされます。

 なお、旧サーバーの解約やファイル削除などはまだ行わないでください。
 ドメイン適用の変更 DNS変更 を行い、新サーバーにドメインが適用されて、移したWordPressの稼働を念入りに確認してから、旧サーバーのファイルやMySQLは削除なり、サーバー解約なりしましょう。
 そうしないと、新サーバーでの適用が失敗したとき、旧サーバーに戻せなくなります。




———————————————————
 エクスポートしていたファイルが大きすぎると「アップロードしようとしたファイルが大きすぎるようです」と表示されて、入りません。
 その場合は、
[text]
 vi /etc/php.ini
[/text]
 を編集して、アップロードできるファイルサイズの上限を高くすると良いです。
[text]
 memory_limit = 128M  ※私の場合デフォルトは128Mでした。32Mより少ない場合は、32Mに合わせると良いです。
 post_max_size = 32M
 upload_max_filesize = 32M
[/text]
 編集を上書き保存したら、再起動
[text]
 service mysqld restart
[/text]
———————————————————-

 → (6) wp-config.php の 設定内容変更 に進みます。

 
 

閲覧ありがとうございます。ご参考になりましたでしょうか?
  • 普通だった 
  • 参考になった 
  • すごく良かった 




5万文字以上のブログ収入を得る為の「実践バイブル」を創刊致しました。
読切タイプの参考本的な内容です。詳しくは下記をご参照願います。
takada式「ブログで収入を得る実践テクニック」(適時追加あり)

無料でブログ・サイトの「アクセス向上」を狙うノウハウマガジンです。
無料購読可能→いつでも購読中止できるnoteにて無料配信中。
takadaのブログで収入講座(無料版)

takada素浪人

投稿者プロフィール

お忙しい中「脱藩起業」をご覧頂きまして深く御礼申し上げます。
現在、サイト運営の広告収入のみで生活している個人事業主で、2015年はお陰様で、運営サイト全体数値ですが2500万PVを達成致しました。
このサイトにてアドセンス広告は掲載しておりませんが、WordPressを使用したアフィリエイトや広告展開、そして愚痴などを中心に言いたいことも掲載させて頂いております。
もしよろしければ、Facebook・Twitterなどでご感想やご質問など賜りますと嬉しいです。(^-^)
あと「ブログで稼ぐオンライン講座」も始めました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Twitter でフォロー


2016年8月、最新刊を電子書籍にて格安配信開始致しました。
ページ上部へ戻る