WordPress 4.7 アップデートしたあとの注意点~画像のalt

alt


2016年12月に、WordPressの4.7がリリースされました。
4.Xなどのバージョンアップ時には、色々と弊害が出たりするので、慎重に見極めていました。
約1週間ほど様子を見て、問題なさそうだなと、アップデートしたのですが、ひとつ問題が見つかりましたので、記載しておきたいと存じます。

それは画像の「alt」です。

画像のaltテキストが自動で作成されなくなりました

WordPress4.6までは、写真などの画像を本文などに挿入する場合、画像のタイトル(件名)が、自動でaltとして生成されて、入っていました。

しかし、写真・画像のタイトルを変更しないでそのままの文字列、(例)20161201.jpgなどの場合でも、そのままalt=”20161201.jpg”と入るのが今まででした。

そけが、4.7になってから入らなくなっています。
最初は、4.7のバグなのかな?と思っていたのですが、どうも仕様じたいが変更になった模様です。

この自動で入る状態をWordPressとしてはがアクセシビリティの観点からは問題だと考え、反映させなくなったのです。
要するに、画像の件名を今までどおりきちんと変えていた場合には、自動で件名が反映されなくなりました。

反映させるためには、今後は、画像をアップした際に、メディア管理の中より件名だけでなく「代替テキスト」の項目にもきちんと、画像のタイトル(件名)を入力しておく必要性が生じています。

functions.phpをカスタマイズすれば、今まで通り自動で件名を反映させることはできますが、今後はメディアライブラリの「代替テキスト」入力欄に、きちんと写真や画像のタイトルも手動で入れた方が良いと言う事になります。

altは手動で

※画像はパソコンでクリックすると拡大致します。



代替テキスト欄に実質的な画像のタイトル(件名)(日本語でもちろんOK)を入れたら、エンターキーを押して確定(保存)させてから使えばOKです。

ただし、4.7にバージョンアップする以前の公開済の記事では、以前の条件にて自動で入っていますので、古い記事のaltが消えていると言う事はありません。

今後、新規公開する記事や、古い記事でも内容に新しい画像を追加する場合、既にある画像を新たに記事に画像追加する場合などには、画像をアップロードした際に、altの部分として「代替テキスト」を入力しておく必要性があります。

閲覧ありがとうございます。ご参考になりましたでしょうか?
  • 参考になった 
  • 普通だった 
  • すごく良かった 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!





5万文字以上のブログ収入を得る為の「実践バイブル」を創刊致しました。
読切タイプの参考本的な内容です。詳しくは下記をご参照願います。
takada式「ブログで収入を得る実践テクニック」(適時追加あり)

無料でブログ・サイトの「アクセス向上」を狙うノウハウマガジンです。
無料購読可能→いつでも購読中止できるnoteにて無料配信中。
takadaのブログで収入講座(無料版)

takada素浪人

投稿者プロフィール

お忙しい中「脱藩起業」をご覧頂きまして深く御礼申し上げます。
現在、サイト運営の広告収入のみで生活している個人事業主で、2016年はお陰様で、運営サイト全体数値ですが5000万PVを達成致しました。
このサイトにてアドセンス広告は掲載しておりませんが、WordPressを使用したアフィリエイトや広告展開、そして愚痴などを中心に言いたいことも掲載させて頂いております。
もしよろしければ、Facebook・Twitterなどでご感想やご質問など賜りますと嬉しいです。(^-^)
あと採算度外視で「ブログで稼ぐオンライン・アクセスUP塾」も始めました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Twitter でフォロー

note
takadaの読み切りバイブル


【A8.netに登録しよう!】
◇ 広告主数・アフィリエイトサービス数日本最大級☆
◇ 登録はもちろん無料、審査なしのアフィリエイトサービス☆
◇ 使いやすいサイトNO.1
アフィリエイトならA8.net
ページ上部へ戻る