クリック課金型広告SSP【AdStir】テスト導入した報告

adstir1


 AdStir(アドステア)と言うSSPでの広告表示を試してみましたので、ご報告してみたいと存じます。

 AdStirも、営業の方からメールか届いて「試してもらえませんか?」と言う事で、一部のサイトにてお試しさせて頂きました。

 アドセンス広告のように、配信する広告を見る側の人に応じて最適選択されたものが表示されるクリック課金型広告です。

 PC(パソコン)向けの広告だけでなく、スマホ向けと、アプリ向けにも対応していると言う事で、一見、マルチデバイス対応のように思っていたのですが、実際には、スマホ向けの広告タグ、PC向けの広告タグと生成が分かれていまして、アドセンスのように1つのタグでスマホもPCもすべて表示されると言う訳ではないのです。
 ただし、AdStirの場合、PC用のタグであれば、スマホでも表示されますが、それだとスマホ向けの広告はやはり少ないようでして、収益に影響してきます。
 なお、スマホ向けのタグだと、PC画面では表示されず「空白」になってしまうケースがあります。



 しかも、どういう訳か?広告単価がかなり低いです。
 AdStirのサイトでは「劇的に収益を上げる」と掲載されているのですが、CPMはnendと比較すると20%~30%と低迷しており、nendが3000円稼いでくれたら、AdStirは700円~800円といった感じです。
 アドセンスの広告単価とはもう比較にならないですよね。ヒドイのは、CPMが5円台ですからね。7サイト平均で8円台です。
 CPMでのマネタイズ(最低入札単価の自動解除)をしないとダメなのかな?
 そうすると、今度は広告が表示されなくなりそうで怖いですし、そもそも最適な方法で提供されず、こっちで調整する必要があるのであれば、手間が掛かってしょうがないです。
 一応、AdStirさんの名誉の為に良い所を記載させて頂きますと、クリック率は特定の分野で高いです。
 0.8%くらい行ってます。しかし、単価が5円なので、ぜんぜん儲からないのです・・。
 
 あと、nend、imobile、AMoAdなど、国内外主要アドネットワーク30社以上の広告も表示されるという国内最大級のメリットはあるのですが、ただ、AdStir独自の広告よりも更に単価が低くて、全く意味がありません。
 でも、国内(日本語端末)と海外(外国語端末)で別々に表示設定できますので、海外の閲覧者も多いサイトでは有効だと存じます。

 しかし、私のように主に国内向けサイトで既にアドセンスを行っている場合には、AdStirに切り替えても、うまみは得られないものと感じております。
 もちろん、当方のお試しデータがたまたまそうだっただけかも知れませんので、実際には皆様ご自身で確認してみて下さい。

 広告単価が高ければ、クリック率が上がる場所に持って行きたいのですが、これでは、通常の3枠アドセンスを有利な位置に配置して、フッターなどをAdStirにするしかありません。

 アドセンスを越えるようなSSPはなかなか出てこないですね。

 クリック課金型広告の順番お勧めと致しましては、下記のような感じです。

(1)アドセンス
(2)nend
(3)AdStir
(4)忍者AdMax

 AdSenseの通常契約の広告枠は最大3枠ですので、広告をあと1~2つ増やしたいなんて時に、アドセンスと他のSSP広告を「両方併用掲載」して、これまで3枠だったアドセンス広告にプラスして1枠~2枠程度の広告枠を増やすなどと言う対応で、収益増加を狙うのが良いかと存じます。
 せめて、アドセンス並みの単価であれば皆様にすごくお勧めできるのですが、残念でたまりません。

閲覧ありがとうございます。ご参考になりましたでしょうか?
  • 普通だった 
  • 参考になった 
  • すごく良かった 




5万文字以上のブログ収入を得る為の「実践バイブル」を創刊致しました。
読切タイプの参考本的な内容です。詳しくは下記をご参照願います。
takada式「ブログで収入を得る実践テクニック」(適時追加あり)

無料でブログ・サイトの「アクセス向上」を狙うノウハウマガジンです。
無料購読可能→いつでも購読中止できるnoteにて無料配信中。
takadaのブログで収入講座(無料版)

takada素浪人

投稿者プロフィール

お忙しい中「脱藩起業」をご覧頂きまして深く御礼申し上げます。
現在、サイト運営の広告収入のみで生活している個人事業主で、2015年はお陰様で、運営サイト全体数値ですが2500万PVを達成致しました。
このサイトにてアドセンス広告は掲載しておりませんが、WordPressを使用したアフィリエイトや広告展開、そして愚痴などを中心に言いたいことも掲載させて頂いております。
もしよろしければ、Facebook・Twitterなどでご感想やご質問など賜りますと嬉しいです。(^-^)
あと「ブログで稼ぐオンライン講座」も始めました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Twitter でフォロー


2016年8月、最新刊を電子書籍にて格安配信開始致しました。
ページ上部へ戻る