SNSでお店が調理した食べ物・料理は紹介しないと言う事



たまには、まったく参考にならないような話も掲載したいと存じます。
これは、私の個人的な考え方であって、他の皆様は、別に異なる見解であっても、もちろん関係ない事なのですが、私は、SNSに料理写真を掲載することは致しません。
例えば、今年に限った場合、旅館に宿泊したり、帝国のレストランで食事をしても、出て来た料理を写真に撮影することすら致しておりません。
要するに、誰かが作った料理を、お金を払って食べたものは、撮影もしないし、SNSなどで投稿しないと言う事です。

自分でアイデアを出し、苦労して作った料理でしたら、食べ物と言うよりは「作品」ですので、紹介するのは有りかと存じます。
なので、自分や家族が手作りした食べ物でしたら、大いにSNSに載せても良いかと存じます。
特にホームパーティーを開催するのに、自分で料理を作った場合には、ぜひ、SNS配信するべきだと存じております。
そのように「作品」として捕らえるのであれば、例えば、駅弁なども作品と言えるかと存じますが、パッケージを撮影することはあっても、ふたを開けた中身は撮りません。

理由としては、生き物の3大欲求のひとつでもある「食欲」、そして生きて行くために必要な衣食住の「食べ物」に関して、自分が苦労せずお金で手に入れたものを、誰かにわざわざ報告するようなことは、控えるべきだと感じているからです。

残念ながら、世界には満足に今日の食事を取れない子供もいますし、日本でも貧富の差もあり、同様にお腹を空かしている方もおられます。
人間も動物ですので、生きて行くためには「食べる」必要があります。
1週間も食べないと、死んでしまいますので、食べられないと言う事は、ある意味「死」にも直結します。
このように、生死にもかかわるような重要な物を、お金を払う方法で外食したからと、安易にSNSなどに掲載したり、美味しいかったと写真をUPするのは、単なる自慢に過ぎないと考えております。

SNSではなく、稀に記事の本文に「おいしかったです」と記載することはありますが、それは感想であり、わざわざ、写真まで掲載することはありません。

前述のように「作品」として捕らえたり、その美味しい食事がとれるお店を「紹介」すると言う目的があるのであれば、別ですよ。
飲み物は、食べ物ではなく、水に変わる趣向品だと存じますので、自分の趣味として、美味しかったビールなどを紹介するのは良いでしょう。
しかし、お店の名前も記載せずに、単にこんなの食べたと言うのは、お店や料理人さんにも失礼だと思いますし、同じように食べられない人は、何も得ることはないと存じます。

何度も記載しますが、あくまでも、私の個人的な感想であり、私のポリシーです。
この記事をご覧になった皆様が、どのようにしようと、私が感知するところではありません。
よって「自分は食べたものをみんなに知ってほしい、忘れないためにSNSに上げる」と言う事を否定する訳ではありません。
しかし、記事やSNSを見る人の気持ちに立って、物事を考えられるようになると、良いのではと常々感じております。
ここの部分だけは譲れません。

閲覧ありがとうございます。ご参考になりましたでしょうか?
  • すごく良かった 
  • 参考になった 
  • 普通だった 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!





プチ起業から本業にも?
Googleから入金される健全・王道の広告収入「在宅型副業」
アクセスアップ塾(オンライン)

無料でアクセス向上作戦をメール配信
無料登録は下記にどぞ。


takada素浪人

投稿者プロフィール

お忙しい中「脱藩起業」をご覧頂きまして深く御礼申し上げます。
現在、サイト運営の広告収入のみで生活している個人事業主です。
このサイトにてアドセンス広告は掲載しておりませんが、WordPressを使用したアフィリエイトや広告展開、そして愚痴などを中心に言いたいことも掲載させて頂いております。
あと採算度外視で「ブログで稼ぐオンライン・アクセスUP塾」を主催しており、海外・日本全国の皆様のご参加を賜っております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

アクセス向上メルマガを無料購読

Twitter でフォロー

【A8.netに登録しよう!】
◇ 広告主数・アフィリエイトサービス数日本最大級☆
◇ 登録はもちろん無料、審査なしのアフィリエイトサービス☆
◇ 使いやすいサイトNO.1
アフィリエイトならA8.net
ページ上部へ戻る