腱鞘炎を大幅軽減する高級キーボード「東プレ」REALFORCEシリーズがお勧め

REALFORCE


個人事業を開始して、最初の1年間はなんとも無かったのですが、2年目に入りましたら、右腕が腱鞘炎になり、接骨院に通信する事に・・。
主な要因は「マウス」と趣味の作業による指への大きな負担だと考えております。

今まで、マウスやキーボードはテーブルのスペースを考えて、安い小型タイプを選んでいたのですが、それで腱鞘炎などになり、作業が滞っては仕事量に影響が出てしまいます。
このように、腱鞘炎になってから、キーボードの文字入力を行う際にも、長時間にわたりますと、指が痛くなることがあった為「指に力を入れなくても軽く打てる」キーボードに変更してみました。

色々と検討した結果、静電容量無接点方式のキーボードが良いと言う事で、探してみました。
すると、この静電容量無接点方式は、日本のメーカーである「東プレ」(Topre)さんが製造しているとの事です。
東プレと言うと、自動車のシャーシですとか、ドアのプレスの会社さんと言うイメージなのですが、keyboardも生産しているとは意外です。
しかし、そのキーボードは、銀行などの金融機関や、データ入力センターでの使用を想定して開発されているため、耐久力はもちろん、キーの入力に関しても、人間が疲れにくい構造になっている訳です。
すなわち、業務用キーボードと言えると存じます。

日本向けの東プレkeyboard

東プレのキーボードは海外も視野に入れているようで、キーの表面に印字されている文字が、英語だけのタイプ(英語配列)もあります。
そのため、ここでは日本語かたかな表示があるもので、お勧めできるkeyboardをご紹介致します。

まず、東プレのキーボードは、大きく分けて、3種類あります。
キー入力時のキータッチ感が異なる3種類あると考えて下さい。

REALFORCE108UH

REALFORCE108UH、USB接続、カナ刻印ありの108キーです。
荷重を少し重めで、既存keyboardと違和感が少ない45gに設定されたキータッチとなっています。


東プレ Realforce108UH 静電容量無接点方式統一荷重108USBキーボード(白) SA0100

REALFORCE108UH-S

上記キーボードの静音タイプです。
寝室などで家族が寝ている時に作業したりする場合には、このような静かなキーボードの方が良いでしょう。
ただし、シリーズのなかでも、一番高価です。


東プレ キーボード REALFORCE108UH-S 日本語配列 USB 有線接続 静音タイプ 静電容量無接点方式 ALL45g荷重 ホワイト SA010S

REALFORCE108US

REALFORCE108USは、私も今回購入したkeyboardです。USB接続、カナ刻印ありの108キーです。
荷重が一番軽い30g統一で、既存keyboardより、弱い力で入力できるキータッチとなっています。


東プレ キーボード REALFORCE108US 日本語配列 USB 有線接続 静電容量無接点方式 ALL30g ホワイト SJ38D0

TYPE HEAVEN

このTYPE HEAVENは、変荷重のキータッチになっているタイプです。
中心のキーは45gなのですが、小指で打つ部分など、周りは30gに軽減されているkeyboardです。
ブラインドタッチ(タッチタイピング)ができる方で、かな入力ではなく、ローマ字入力の方にはお勧めです。
しかし、日本語かな刻印がないキーなので、私のようにカナ入力の場合には向きません。


東プレ[Topre] TYPE HEAVEN 104-Key Keyboard USB 逆輸入 海外モデル 静電容量無接点方式スイッチ 英語配列 ブラック ZA0100

なお、現時点では、Bluetoothなどの無線通信できるkeyboardは、東プレではありません。
また、変荷重の日本語かな入力対応キーボードもありません。
あと、東プレのキーボードは、中にわざと「重り」を入れているのか?、重いです・・。
ただし、これは、キーボードがズレにくいようにしているなどの理由があるものと推測致します。
いずれにせよ、疲れにくく耐久性が良いのは間違いなさそうです。



REALFORCE108USを実際に使ってみて

高速でのキーボード入力も、非常によく反応してくれています。
なんでも、同時に2つのボタンを押しても、きちんと対応しているそうです。
私の場合は、エレクトーンやピアノを弾くときのように、指を流れるように流して入力することがあるのですが、しっかり反応してくれるので、作業効率も上がりました。
これは嬉しい副作用です。

ただ、30gタイプを選んでみたのですが、押しすぎますと、力が軽くても底を突いてしまい、指への負担があるように感じます。
もちろん、個人差があるとは存じますが、45g統一でもよかったかなと言う気は致します。
あとは、慣れの問題ですので、指で押すときに力を入れ過ぎない、押しすぎないようにすれば、良いのかなと考えております。

これは私だけだと思いますが、最近発売されているkeyboardの色は、ブラック(黒)が多かったので、久しぶりにホワイト系のkeyboardになりました。
そのため、普段はカナ入力なのですが、昔の記憶がよみがえったのか?、この東プレ・キーボードを使い始めた時には、ローマ字入力してしまう自分がいました。
不思議なものです。

と言う事で、もし私のように腱鞘炎で手首が痛いなどと言う状況の方がおられましたら、東プレのキーボードは日本製ですし、大変お勧めです。
しかし、もともと業務用に開発されているkeyboardですので、価格は安くはありません。
ただし、腱鞘炎で何回も通院するような事態を考えれば、時間もお金も、無駄を省けると言う事で、それだけ投資する意味は充分にあると思います。

参考までに楽天にて「入荷次第発送」とあるところで注文しましたら、納期は4ヶ月先となってしまいました。
そのため、上記Amazonなどで「在庫がある」ところを狙って、注文するのが無難だと存じます。
メイドイン・ジャパンの高級キーボード、あなたもいかがですか?

閲覧ありがとうございます。ご参考になりましたでしょうか?
  • 普通だった 
  • 参考になった 
  • すごく良かった 




5万文字以上のブログ収入を得る為の「実践バイブル」を創刊致しました。
読切タイプの参考本的な内容です。詳しくは下記をご参照願います。
takada式「ブログで収入を得る実践テクニック」(適時追加あり)

無料でブログ・サイトの「アクセス向上」を狙うノウハウマガジンです。
無料購読可能→いつでも購読中止できるnoteにて無料配信中。
takadaのブログで収入講座(無料版)

takada素浪人

投稿者プロフィール

お忙しい中「脱藩起業」をご覧頂きまして深く御礼申し上げます。
現在、サイト運営の広告収入のみで生活している個人事業主で、2015年はお陰様で、運営サイト全体数値ですが2500万PVを達成致しました。
このサイトにてアドセンス広告は掲載しておりませんが、WordPressを使用したアフィリエイトや広告展開、そして愚痴などを中心に言いたいことも掲載させて頂いております。
もしよろしければ、Facebook・Twitterなどでご感想やご質問など賜りますと嬉しいです。(^-^)
あと「ブログで稼ぐオンライン講座」も始めました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ご挨拶

いつもご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

お陰様で、2016年1月~11月は、このサイトを含めた運営サイト合計で4935万PVとなりました。

プロフィール

Twitter でフォロー


2016年8月、最新刊を電子書籍にて格安配信開始致しました。
ページ上部へ戻る