現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません WordPress

現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません


WordPress(ワードプレス)で慣れている私でも、年に数回は陥ります「現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません」・・・。
サイトがこの表示になってしまい、脱することができません。

最初は、どうしてこんなことになったのか?
どうやったら、修復・回復・改善し、元に戻せるのか?、表示を正常にできるのか?
焦ったという方も多いと存じますが、少しでも早く復旧させたいですよね。



元に戻す方法は下記のとおりです。

プラグインの更新時に発生する

そもそも、プラグインを「更新」する際に発生しやすい現象となります。
プラグインの更新を始めると下記のように「メンテナンスモード」にしますと表示されます。

現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません

この時に、プラグインの更新がすべて完了する前に、ワードプレスの管理者が、そのサイト(ドメイン)の管理画面から何か、別の操作をしますと、プラグインの更新が正常に終わりません。
すなわち「メンテナンスモード」のままになってしまうため、サイトの表示が「現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません」のままになると言う事です。

プラグインの更新中(メンテナンス中)は、何もせずに、じっと待つことが求められるのですが、たまに、先走って何かしようとしてしまうと、メンテナンス状態のまま止まってしまい、表示されないのです。

FTPで削除する

回復させる方法ですが、メンテナンスのために臨時で生成された「.maintenance」と言うファイルが消えずに残っている事が原因で、ずっとメンテナンスモードになってしまっていると言う事になります。
そのため、復旧させるには、その.maintenanceを削除して、メンテナンスではない状態にするだけです。
作業的には難しくなく比較的簡単ですが、FTP(エフテーピー)ソフトなど、よくわからないという方は、少し苦労するかも知れません。

ワードプレスの管理画面からは対応ができないため、そのFTPソフトを使用して、サーバーに接続し、該当の.maintenanceファイルを消す必要性があります。

先に消す場所の説明をします。
下記の.maintenanceが、臨時で作られているファイルです。

現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません

それを削除します。

現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません

これだけで復旧完了です。

takadaのオンライン・アクセスアップ塾にて「共同運営サイト」の方は、高田の方で対処しますので大丈夫です。
しかし、共同運営を卒業されたりご自身でサイト管理されている塾生さまや、通常の皆様は、このようなトラブルにもご自身で対応する必要があります。

FTPソフトの導入

FTPソフト(FTPクライアントソフトウェア)は、色々とありますが、代表的なのは「FFFTP」です。
Windows10などで64bitのOSを使っている場合には、64bit版が良いですね。
無料で使える分、公式サポートやマニュアルは無いと思ってよいです。

設定方法はレンタルサーバー会社のマニュアルにありますので、それを見ながら設定しましょう。

FTPの意味としては、自分コンピューターからサーバーにファイルを転送(送受信)させるのですが通常はコマンドプロトコルで行います。
これをFTPソフトを使うと、分かりやすくて便利と言う事になります。
昔、サーバーにファイルを入れる場合には、必ずと言ってよいほど、FTPソフトを使用していましたが、WordPressではそれもほとんど自動のため、FTPがなくてもサイト運営はできてしまいます。
しかし、トラブルが発生したりした場合には、FTPは必要ですので、まだ、表示が止まるこの現象になっていない方も、万が一に備えて、FTPの準備・FTP接続だけはして、事前に用意しておくと良いです。

FFFTPのダウンロード先

ちなみに私は、かれこれ20年以上、有料タイプの「Next FTP」を使用しています。
ライセンスは2480円(税別)ですが、バージョン毎の永久ライセンスです。
要するに、現在4ですが、4がずっと続いている限りは、パソコンが変わっても、そのライセンス使用料1個分で、ずっと使い続けることができます。
もし、将来、5が出た場合には、割引での新たなライセンスが必要と言う事になりますが、4が登場してからもう13年ですので、すぐに新しく買わなくてはと言う事はありません。
最初の3ヶ月間は無料利用できますので、今回の窮地を脱するために使用してみるのも良いでしょう。

NextFTPの設定方法

FTPの設定でわかりにくいところ

FTPソフトの接続設定で、少しわかりにくいところを解説しておきます。
具体的には、サーバー会社とFTP制作側での「表現」が異なるため、分かりにくい部分があると言う事になります。
サーバーでのアカウント設定とは別で、FTP接続の設定は、基本的に、そのFTP接続のために別途あることが多いです。

サーバーでFTPを使えるように

FTPアカウント設定と呼ぶ場合もありますが、まずはサーバー側でFTPを使える設定を行ってください。

ホスト名

ホストの設定名・ホスト名は、何でも良いので自由ですので、悩む必要はありません。
複数サイト運営に備えて、区別されていると良いでしょう。
私はドメイン名にしています。

ホストアドレス

ホスト名(アドレス)となっている場合もありますが、サーバーのFTP接続先のURLを入れる部分です。
FTP接続専用のアドレスの場合もあれば、ドメインのURLのときもありますが、それはサーバー側次第です。
サーバー会社の設定方法から、ホストのアドレスを確認して間違えなく入力してください。

ユーザーID

ユーザーIDは、ユーザ名とも表現します。
サーバーにてFTP用のユーザーIDが発行されていますので、そのIDを入力します。

パスワード

パスワード、パスフレーズとも言いますが、サーバーでFTP設定した際に発行されているFTP用のパスワードを入れます。

以上で基本的にはFTP接続が可能です。

あとは、間違いなく、.maintenanceファイルがある場所を確認して、削除することです。

現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません

万が一、他の関係ないファイルを削除してしまいますと、致命的な別の問題が生じますので、FTP操作はくれぐれも慎重に、確認しながら、確実にお願い申し上げます。

重大なエラーを引き起こしたため、プラグインを有効化できませんでした。 WordPressプラグイン

閲覧ありがとうございます。ご参考になりましたでしょうか?
  • 普通だった 
  • 参考になった 
  • すごく良かった 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!





5万文字以上のブログ収入を得る為の「実践バイブル」を創刊致しました。
読切タイプの参考本的な内容です。詳しくは下記をご参照願います。
takada式「ブログで収入を得る実践テクニック」(適時追加あり)

無料でブログ・サイトの「アクセス向上」を狙うノウハウマガジンです。
無料購読可能→いつでも購読中止できるnoteにて無料配信中。
takadaのブログで収入講座(無料版)

takada素浪人

投稿者プロフィール

お忙しい中「脱藩起業」をご覧頂きまして深く御礼申し上げます。
現在、サイト運営の広告収入のみで生活している個人事業主で、2016年はお陰様で、運営サイト全体数値ですが5000万PVを達成致しました。
このサイトにてアドセンス広告は掲載しておりませんが、WordPressを使用したアフィリエイトや広告展開、そして愚痴などを中心に言いたいことも掲載させて頂いております。
もしよろしければ、Facebook・Twitterなどでご感想やご質問など賜りますと嬉しいです。(^-^)
あと採算度外視で「ブログで稼ぐオンライン・アクセスUP塾」も始めました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Twitter でフォロー

note
takadaの読み切りバイブル


【A8.netに登録しよう!】
◇ 広告主数・アフィリエイトサービス数日本最大級☆
◇ 登録はもちろん無料、審査なしのアフィリエイトサービス☆
◇ 使いやすいサイトNO.1
アフィリエイトならA8.net
ページ上部へ戻る