子テーマの作り方~カスタマイズ内容は子テーマにして残すと親テーマ更新も影響なし?

子テーマの作り方


WordPressにおいて、使用中のテーマを自分で「カスタマイズ」する場合ですが、元のテーマがバージョンアップなどで「更新」となりますと、その都度、カスタマイズ済みの部分を、改めてカスタマイズしなおしになってしまいます。

どういうことかと申しますと、テーマ(デザイン)がバージョンアップとなりますと、入っているテーマのファイルがすべて「上書き」されてしまうからです。

カスタマイズしたファイルだけ更新(上書き)しないようにしたり、バージョンアップで、変更があったファイルだけアップロードすると言う方法も取れますが、ファイル数が多いと何かと不便ですし、間違えてしまう可能性もあります。

そんな時には、ワードプレスで、テーマのカスタマイズしたファイルを「子テーマ」として作ってしまい、親テーマ(使用中のテーマ)と切り離しておくことで、親テーマが更新となっても、カスタマイズしてある子テーマの方のファイルまでは更新されないと言う手段が取れます。

なお、デメリットとしては、下記の点がありますので、先に明記しておきます。

(1)親テーマの更新で、子テーマに入れているカスタマイズ済みのファイルまで更新となると、表示エラーなどになる可能性がある。
その時は、改めて子テーマに入れているカスタマイズ済ファイルを、親テーマの新ファイルを元に、再度カスタマイズする必要が生じる。

(2)既にサイトがある場合、子テーマを有効化すると、ウィジェットなどが引き継がれないケースがある。
私の方の実験では、引き継がれるケースと、引き継がれないケースが生じていますが、これは親テーマ側の問題ですので、皆様が使用しているテーマで引き継がれるかは、なんとも言えません。
まぁ、引き継がれなかった場合は、新たにウィジェットの設定などを施せば、OKです。

(3)もちろん、ファイル生成に関する多少の知識が必要となる。

以上のデメリットはありますが、難易度は決して高い訳ではありませんので、私でもできました。

その子テーマの作り方・設定方法は、下記の通りです。

子テーマの作り方

(1)フォルダを作る

ローカル(自分のパソコン)に、まず子テーマのファイルを保存する「フォルダ」を新規で作ってください。
好きな名称で良いです。

(2)functions.php

子テーマ用のfunctions.phpを作ります。
テキストエディタなどで、下記のコードを入れて、functions.phpとして保存します。
このコードは、親テーマのstyle.cssも読み込んで子テーマを使うと言う設定になります。

<?php add_action( ‘wp_enqueue_scripts’, ‘theme_enqueue_styles’ );
function theme_enqueue_styles()
{ wp_enqueue_style( ‘parent-style’, get_template_directory_uri() . ‘/style.css’ );
} ?>

(3)style.css

子テーマ用のstyle.cssを作ります。
下記のコードを入れますが、その下の説明に乗っ取り、ご自分の親テーマに合わせて変更願います。

/*
Theme Name:ko-theme
Template:opinion_tcd018
Version:4.3
Author: Tethuya Takada
Description: WordPres theme SEO対応.アドセンス最適化
Author URI: https://wpxaf.com/
*/

※下記は説明

/*
Theme Name:ko-theme ※子テーマの名前
Template: ※親テーマのフォルダ名
Version:4.3 ※親テーマのバージョン
Author: ※作った人の名前
Description: ※簡単な説明
Author URI: 作った人の公開URL
*/

「/*」「*/」も必要ですので、忘れずに記入してください。

Template:元のテーマ名は、親テーマが入っているサーバーのフォルダ名です。
親テーマが入っているフォルダ名、このサイトの親テーマは、opinion_tcd018と言うフォルダ名ですので、上記のような表記となっています。

親テーマのフォルダー名は「wp-content/themes/」直下にあります。
上位の記述は不要でして、単純に入っているフォルダ名単体で大丈夫です。

(4)screenshot.png

screenshot.pngは、無くても動作しますが、あればテーマが表示されているWordPress管理画面に、画像として表示されます。
サイズ的には、横720ピクセル、縦540ピクセルくらいが最適です。
作れる方は、画像ソフトなどでお作り下さい。

(5)カスタマイズしたファイル

カスタマイズしたファイルを(1)で作ったフォルダにそのままFTPでダウンロードしましょう。
ダウンロードできない場合には、WordPressの管理画面から「テーマ」→「テーマの編集」で、既にカスタマイズしたファイルのコードをすべてコピーして、新しく同じファイルとして(1)で作ったフォルダに入れて下さい。
これからカスタマイズされる場合には、コピーしたものを改良して、(1)のフォルダに保存すればOKです。

(6)zipファイルを作る

上記のすべては(1)のフォルダに入っているはずです。
完成しましたら「エクスプローラー」で、その(1)のフォルダを選択して「右クリック」し「送る(N)」→「圧縮(zip形式)フォルダ」をクリックしてください。
すると、zipファイルが生成されます。



(7)子テーマをインストール・有効化する

あとは、WordPressの管理画面→外観→テーマから「新規追加」を選択して「テーマのアップロード」から、先ほど作ったzipファイルを選択し、今すぐインストールします。
インストールには時間が掛かりますので、終わるまで素直に待ちましょう。
そして、有効化すればOKなはずです。

もちろん、きちんとサイトが表示されるか?、ご確認願います。
うまく表示されない時には、親テーマを有効化するだけで、元に戻せます。

なお、うまく行った場合でも、子テーマの表示が有効な状態では、親テーマは欠かせませんので、親テーマを削除するような事は無いように、お願い申し上げます。
以上、子テーマの作成方法でした。

子テーマとは関係ありませんが、当方のオリジナルテーマも無償配布していますので、よければご覧頂けますと幸いです。

イチオシ WordPress 国産テーマ BlogPress (TCD010) アフィリエイトに最適
ワードプレス手間なしの立ち上げ制作代行サービス~SEO付きサイト開設
ダウンロードしたテーマのインストール方法~WordPressのテーマ

閲覧ありがとうございます。ご参考になりましたでしょうか?
  • 普通だった 
  • 参考になった 
  • すごく良かった 




5万文字以上のブログ収入を得る為の「実践バイブル」を創刊致しました。
読切タイプの参考本的な内容です。詳しくは下記をご参照願います。
takada式「ブログで収入を得る実践テクニック」(適時追加あり)

無料でブログ・サイトの「アクセス向上」を狙うノウハウマガジンです。
無料購読可能→いつでも購読中止できるnoteにて無料配信中。
takadaのブログで収入講座(無料版)

takada素浪人

投稿者プロフィール

お忙しい中「脱藩起業」をご覧頂きまして深く御礼申し上げます。
現在、サイト運営の広告収入のみで生活している個人事業主で、2015年はお陰様で、運営サイト全体数値ですが2500万PVを達成致しました。
このサイトにてアドセンス広告は掲載しておりませんが、WordPressを使用したアフィリエイトや広告展開、そして愚痴などを中心に言いたいことも掲載させて頂いております。
もしよろしければ、Facebook・Twitterなどでご感想やご質問など賜りますと嬉しいです。(^-^)
あと「ブログで稼ぐオンライン講座」も始めました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ご挨拶

いつもご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

お陰様で、2016年1月~11月は、このサイトを含めた運営サイト合計で4935万PVとなりました。

プロフィール

Twitter でフォロー


2016年8月、最新刊を電子書籍にて格安配信開始致しました。
ページ上部へ戻る