アドセンスは円高・円安の為替レートの影響を受ける

アドセンスと為替レート


2016年6月23日、イギリスの国民投票の結果が24日に判明し、イギリスのEU離脱が決定的となりました。
この影響により、2015年6月には1ドル=123円だった為替相場も、2016年6月24日には103円にまで「円高」が進みました。
実は、この為替レートは、アドセンス(AdSence)の広告で収入を得るように頑張っている方にも大きく影響致します。



アドセンスの管理画面では「円」に換算して表示されていますが、数年前までは「ドル」表示でした。
Googleは海外企業ですので、ドルが円に換算されて我々に支払われます。

具体的には前日の市場実勢相場に基づいて米ドルから日本円に換算された額が、デイリー(毎日)の広告売上額に反映されています。

このように、アドセンス(AdSence)の売上は、為替レートの影響を受けます。
要するに、円高だとアドランスの広告収入は目減りしてしまいます。

1ドル=123円が、103円になったと考えますと、16%減収です。
円安になればなるほど収入増となります。

1ドル=123円のときにアドセンスの売上が月3万円でしたら、為替が20円の円高になると、約25000円に減ってしまう計算です。
100万円だと、84万円と、約16万円も減ってしまうのです。
2012年9月に1ドル=77円になった水準ですと、100万円が63万円となってしまいます。

逆にGoogle AdWords (アドワーズ) で広告を出す「広告主」さんにとっては、円高なので、たくさん予算掛けれるのではと思うのです。
予算を掛けてもらえれば、広告単価が上がるので、減益分を多少補える可能性があります。
しかし、広告を依頼する際には結局は「円建て表示」なので、先月10万円の広告予算だったけど、円高で得だから今月は12万円にするか?、なんて話にならないので、広告単価が上がると言う事も考えにくいのです。

このような理由からも、私の場合には、アドセンス依存率を下げるよう今年は手をうってきた訳です。
ある程度、国内SSPに変更してきたとは言え、割合にすると25%程度なので、正直、私のようにアドセンスの依存度が高い場合には、円高の影響をかなり受けます。
これ以上、円高が進むと、海外からの観光客が減りますし、日本の企業の収益も悪化しますしね、ほんと円高に苦しむ経営者さんの気持ちが良く分かります。

しかし、いよいよ日本が本当に不景気となった場合に「円」の信用が失われて「円安」へと進んだ場合には、アドセンス収入はある程度「強い」と思います。
2016年6月24日現在の103円が、123円まで円安となったら、16%収入増と言う事になります。
ただし、企業の経営が悪化して、広告予算が減っては意味がありませんので、やはり日本の「経済成長」は欠かせません。
今年(2016年)は早くもマイナス成長なんて話も出ていますが、めげずにやれることをやって参りましょう。

と言うことで、円高が進んでいる時は「国内のASPアフィリエイト」などを重視して、円安の時には「アドセンス」を重視するような行動を取って行けると良いのかも知れません。

ちなみに、アメリカは為替の影響を受けません。
アメリカの「ドル」が基軸通貨だからです。
ある意味、うらやましい限りです。

また、このサイトではアドセンスは使っていませんので、改めてご確認申し上げます。

アドセンス広告の効果的な3枠配置ノウハウ
ページ単位の広告【googleアドセンスの新型広告】試してみた
takadaのオンライン・ブログ塾【個人別対応のアクセス向上・アドセンス収益サポートスクール】

閲覧ありがとうございます。ご参考になりましたでしょうか?
  • 普通だった 
  • 参考になった 
  • すごく良かった 




5万文字以上のブログ収入を得る為の「実践バイブル」を創刊致しました。
読切タイプの参考本的な内容です。詳しくは下記をご参照願います。
takada式「ブログで収入を得る実践テクニック」(適時追加あり)

無料でブログ・サイトの「アクセス向上」を狙うノウハウマガジンです。
無料購読可能→いつでも購読中止できるnoteにて無料配信中。
takadaのブログで収入講座(無料版)

takada素浪人

投稿者プロフィール

お忙しい中「脱藩起業」をご覧頂きまして深く御礼申し上げます。
現在、サイト運営の広告収入のみで生活している個人事業主で、2015年はお陰様で、運営サイト全体数値ですが2500万PVを達成致しました。
このサイトにてアドセンス広告は掲載しておりませんが、WordPressを使用したアフィリエイトや広告展開、そして愚痴などを中心に言いたいことも掲載させて頂いております。
もしよろしければ、Facebook・Twitterなどでご感想やご質問など賜りますと嬉しいです。(^-^)
あと「ブログで稼ぐオンライン講座」も始めました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Twitter でフォロー


2016年8月、最新刊を電子書籍にて格安配信開始致しました。
ページ上部へ戻る