Better Ads Standards準拠 アドセンス広告は不合格(警告)になるのか?



Better Ads Standardsに準拠しないサイトの広告を非表示にする取り組みが、日本でも2019年7月9日から始まると、以前にも告知させて頂きました。
今回は、Googleアドセンスを行っているブロガーさんやサイト運営者様向けに、アドセンス広告が、Better Ads Standardsに準拠しない可能性、状況について検証してみました。
執筆時点での検証結果であり、実際に・確実にそうですと、お約束するものではありません。
あくまでも、検証に基づく予想となります。

7 月 9 日より、Better Ads 標準は全世界の Google Chrome でサポートされます。
広告が Better Ads 標準に準拠していないと、
Chrome ブラウザでフィルタされる可能性があります。

これは、広告表示方法の国際基準とも言える「Better Ads Standards」に準じていないサイトは、今後ブラウザの「Chrome」(クローム)では、そのサイトの広告をブロック(広告を非表示)にしますよと言う事です。

2019年7月9日(火)から日本でも適用開始となりますが、即日、広告がブロックされると言う事ではありません。
7月9日から、順次、すべてのサイトを自動で検査されて、その結果によっては、広告がカットされることがあると言う事になります。
検査じたいも、ページのサンプルの審査と言う事ですので、そのサイトのすべての記事が検査されると言う事ではなく、いわば「抜き打ち」で、いくつか検査されると言う事らしいです。
よって、検査されたページ(記事)が、たまたま問題があったら、1つでも問題があれば、そのドメイン全体が不合格と言う事になります。
ドメイン全体が不合格と言う事は、サブドメインも含めて、そのサイトの全部のページが不合格と言う反対になると言う事です。
一部の問題があるページだけ、広告がでなくなると言う事ではないようです。
ただし、その検査が、いつ行われるのかは、不明でして、自分のブログやサイトを検査してと最初の審査申請を送信することもできません。
検査されるのを待つと言う感じになります。

そのGoogleアドセンスを設置しているサイトにGoogleアドセンス以外の広告をベタベタ(容量的に比率の高い状態)に設置していてユーザーが不快に感じるような状態でBetter Ads Standards(Better Ads 標準)に準拠していないと判断されればChrome側でブロックされる可能性があるということではないかと推測しています。

パソコン画面向けで注意しなくてはいけない広告は下記の通りです。

ポップアップ広告
音声が伴う自動再生ビデオ広告
カウントダウン付きのプレスティシャル広告
大きな固定広告

スマートフォン画面向けで避けるべき広告は下記の通りです。

ポップアップ広告 (インタースティシャル広告の一種)
プレスティシャル広告
広告密度が画面の30%以上 (インライン広告とオーバーレイ広告も合計して)
点滅するアニメーション広告
音声が伴う自動再生ビデオ広告
カウントダウン付きのプレスティシャル広告
全画面フルスクロールオーバー広告
大きな固定広告

要するに、影響を受けそうなケースとしては、下記の通りになります。

恐らくですが、ブログやサイトに、アドセンスの広告だけ(自動広告を含む)を導入している場合には、ほぼ影響は受けないと推測されます。

合格の基準としては「Better Ads Standardsに準拠しない広告が多数検出されていないことを確認された状態」となっています。
100%準拠している必要性があると言う事ではなく、準拠していない広告が多数検出された場合と言う事です。
よって、1個や2個程度、問題があっても、その場合には合格する可能性があると言う事らしいのです。

逆に不合格「警告」の基準としては「Better Ads Standardsに準拠しない広告が多数検出された状態、問題を修正し再度審査に提出する必要あり」とあります。
要するに、広告標準に対して、問題の広告が多数あると判断された場合には、警告(不合格)となり、問題を改善してから、審査リクエストを行う必要がありますよと言う事になるようです。

ただし、昔からアドセンスをなさっている場合など、328×300、300×250の広告を、スマホでも適用している場合には「広告密度が画面の30%以上」に該当して、不合格になる可能性があります。
特に、日本の場合、328×300、300×250と言った正方形型の広告は、外国よりも広告主さんが好む(広告効果が高い)傾向がありますので、スマホ画面の30%と言うのは、かなり条件的には厳しいと推測致します。
しかし、そんなに問題の記事が多くなければ、大抵は合格してしまうと言う可能性があります。
例えば、そのページ(記事)の1~2箇所程度、大きな広告があっても、全体期に少ないのであれば「準拠しない広告が多数検出された状態」に該当しないと言う可能性もあるのではと推測致します。
逆に申し上げれば、問題の広告配置が多いと判断されてしまうと、警告(不合格)と言う事が言えます。
あくまでも、施行前の「予想」ですよ。
実施には、ふたを開けてみないとわからないといったところです。

なお、アドセンス以外の広告も記事(ページ)に入れている場合には注意が必要です。
例えば、アドセンスだけでなく、アフィリエイト(ASP)、楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイトなど他の広告も記事にて併用している場合ですね。
上記の広告ブロック対象の状態になっていると判断されてしまえば、アウトとなってしまいます。

アドセンス広告の自動広告が適用されていれば、アドセンス広告じたいは、自動で適切に表示されていると思います。
例えば、chromeでは、スマホのポップアップ広告(アドセンス用語ですとページ単位の広告・モバイル全面広告)を、アドセンス自動広告はカットしますが、例えば、IEなど他のブラウザでは自動広告がモバイル全面広告も自動で表示すると言う話になる可能性が高いと考えます。
もちろん、2019年7月9日以降に、合格などの判定が行われないと、わかりませんよ。
現時点での憶測ですので、この記事に記載していることを保証したり、確実にそうですと申し上げるものではありません。

あとは、例えば無料のツールなどを使用していて、そのツールを使っていると、そのツール元による広告が自動で表示される場合などにも注意が必要です。
普段、ブログ管理者(サイト管理者)が感知していない状況で、実は表示されていると言う事も考えられます。

そのような記事が1つでもあれば、そのサイト全体(ドメインにて)で、広告がすべて表示されなくなってしまう恐れがあります。

ただし、PC(パソコン向け画面)と、モバイル(スマホ向け画面)は、別々に審査されるようです。
よって、モバイルで広告がブロックされてしまっても、PCサイトの広告実装に問題がなければ、PCの広告は表示されます。

日本にて、ブラウザのシェアのうち、chrome(クローム)が占める割合は、約50%に上昇しているとの情報もあります。
ただし、スマートフォンのAndroid機では、100%近いシェアだと存じますので、約40%くらいは影響を受ける可能性があります。
もし、確認や対応を怠れば、アドセンスの売上が40%~50%程度、減ってもおかしくないと言う事ですので、大きいです。

広告主さんにとっても、インターネットに広告を出す効果が薄ければ、広告を出さなくなります。
そうなりますと、広告売上が大半であるGoogleのビジネスモデルは、成り立たなくなり、グーグルは倒産なんてことにもなりかねません。
かと申しまして、悪質な広告表示するサイトを野放しにしていると、広告表示に関して品質が低下しますし、普通に、まともに広告を適切に運用しているサイトにとっても不利益となりますし、当然、広告主さんも、他の媒体に移ってしまい、インターネット広告がすたれてしまいます。
よって、今回のBetter Ads Standards準拠は、本当によくないサイトを排除したいと言う狙いがあるものと考えます。

なお、ヨーロッパで先行導入された際の状況としては、最初の段階で不合格になったサイトのうち、60%以上はその後合格していて、最終的に不合格のサイトは、全体の1%未満と言う事らしいです。
簡単に申し上げれば、99%は心配ないと言えるかと存じます。
警告を受けて改善したサイトにおいても、不適切な広告表示が減少したことで、そのサイトの広告に対する印象度が向上し、広告エクスペリエンスが向上したデータがあるとも言われています。

逆にサイト運営者側にとっても、今は、広告を表示することで、サイトの運営費をまかなっていても、それができなくなると、無料で公開している情報も、課金して有料サイトにしなくてはなりませんので、閲覧者さまに負担を強いることになってしまいます。
そのため「広告」はバランスよく、広告主・サイト運営者・閲覧者の3者が、適切に利用・表示・閲覧して行って共存することが、インターネット利用者に求められることだと考えます。

よって、不合格になって、短期的に広告売上が減少したとしても、ユーザー体験(閲覧者の利便性)の向上に取り組んだサイトは、長期的に見ればサイトとユーザーが互いにwin-winとなる関係を築くことができると予測します。

ちなみに、このサイトではアドセンスは使っていません。

以上、あくまでも予測ですので、実際には違うかもしれません。
また、新たな情報がわかりましたら、追記したり、新記事でご報告などさせて頂きます。
ご覧頂きまして、ありがとうございました。

アドブロック確認方法(Better Ads 標準) 合格・不合格のチェック 2019年7月9日より
ads.txt WordPressのプラグインを使って簡単に入れる方法 アドセンス対応OK

閲覧ありがとうございます。ご参考になりましたでしょうか?
  • すごく良かった 
  • 参考になった 
  • 普通だった 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!





プチ起業から本業にも?
Googleから入金される健全・王道の広告収入「在宅型副業」
アクセスアップ塾(オンライン)

無料でアクセス向上作戦をメール配信
無料登録は下記にどぞ。


takada素浪人

投稿者プロフィール

お忙しい中「脱藩起業」をご覧頂きまして深く御礼申し上げます。
現在、サイト運営の広告収入のみで生活している個人事業主です。
このサイトにてアドセンス広告は掲載しておりませんが、WordPressを使用したアフィリエイトや広告展開、そして愚痴などを中心に言いたいことも掲載させて頂いております。
あと採算度外視で「ブログで稼ぐオンライン・アクセスUP塾」を主催しており、海外・日本全国の皆様のご参加を賜っております。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

アクセス向上メルマガを無料購読

Twitter でフォロー

【A8.netに登録しよう!】
◇ 広告主数・アフィリエイトサービス数日本最大級☆
◇ 登録はもちろん無料、審査なしのアフィリエイトサービス☆
◇ 使いやすいサイトNO.1
アフィリエイトならA8.net
ページ上部へ戻る