AMPでのアドセンス広告方法とAMP自動テキスト広告およびディスプレイ広告



単に収益目的ではないブログやサイトや、そもそも課金している有料閲覧サイトの場合には、AMP(アンプ)のページも提供して、ユーザーの利便性を高めるのは良いでしょう。
しかし、広告収入で成り立っているサイトの場合には、安易にAMPを採用しますと、広告の露出が減りますので、減益になる可能性があります。
可能性があると言うよりは、ほぼ確実に収入が減るでしょう。

ただし、AMPページでもアドセンス広告を掲載する方法は取れます。
とは言え、本文の部分だけですので、本来であればサイドバー、フッターにも適用している広告は表示されません。



よって、広告の表示数は減少しますが、広告をAMPでも露出させることは下記の方法で可能です。
採用するかは、皆様のお好み次第と言うところですが、参考までにアドセンスをAMPでも表示する方法を明記しておきたいと存じます。

アドセンス広告をAMP対応にする

まずは、レスポンシブにて広告タグを取得します。

amp

ただし、通常に取得した広告タグはそのまま使えません。
data-ad-client
data-ad-slot

の2箇所の番号をコピペして下記のタグの部分と差し替えます。
そして、下記の広告タグを、AMP用の広告タグとして使用してください。

<amp-ad
layout=”responsive”
width=300
height=250
type=”adsense”
data-ad-client=”ca-pub-XXXXXXXXXXXXX”
data-ad-slot=”XXXXXXXXX”>
</amp-ad>

XXXXXXXXXの2箇所の部分は、レスポンシブの広告タグを発行した際の数字にしてくださいね。

上記のタグを元にして使うと、AMP用の広告表示となります。
※もとのレスポンシブ広告タグは使用しません。

「width=300」「height=250」になっているので、このサイズにしかならないのか?と、理解できる方もいるかと存じます。
しかし、上記のコードを使えば、実際にはレスポンシブタイプの広告ユニットとしてAMP表示でも機能します。
要するに、幅300ピクセル指定は見かけでして、幅が大きな画面でもレスポンシブ広告表示になりますので、ご安心ください。

そもそもAMPにした方が良いのか?

レスポンシブデザインをはじめ、スマートフォン(モバイル)向け表示の場合には、そもそも、スマホでも問題なく表示されます。
そのうえで、ブラウザで見る人が「AMP」を選択して、サイト内容を見た場合には、余計なものがカットされて、早く表示されますよと言う高速表示スタイルが、AMPです。

ただ、今後、モバイルの通信環境もより高速化して行くでしょうし、スマホのCPUも、年々、性能が向上しており、スマホでの通信環境・表示スピードも、将来より高速になるのは間違いないでしょう。
と考えますと、なにがなんでも、AMP対応した方が良いと言うわけでもありません。
AMP対応していなても、見たいと思われる記事は、みてもらえるはずですので、記事の中身で勝負した方が良いです。

特にインターネット広告で収入を得ている場合には、上記のようにわざわざ対応しなくてはなりませんし、AMPになれば、広告表示の数も減るかと存じますので、収入的には響くかも知れません。
よって、当方の見解といたしましては、無理してまでAMPを導入する必要性はありませんが、対応させる場合には、AdSenceは上記の方法で行けます。

AMP 自動テキスト広告およびディスプレイ広告

2017年9月に、アドセンスの新しい広告実験として、AdSense Labs(アドセンス・実験室)に「AMP自動テキスト広告およびディスプレイ広告」と言うのが追加されました。
なお、このAMP自動テキスト広告およびディスプレイ広告は、現時点では、アドセンスアカウントの全員が対象と言う事ではなさそうです。
ある程度、アドセンス売り上げの実績がある方を対象にしているようでして、私・高田のアカウントは参加できますが、塾生さまのアカウントは参加できない方がほとんどでなベータ版となります。

AMP自動テキスト広告およびディスプレイ広告と言うのは、その名の通り、AMP表示となった場合に、自動でアドセンス広告が表示される仕組みのようです。
AdSenseLabを有効にして、指定された広告タグをheaderに入れます。
そして、AMP表示したい、各ページに下記のもうひとつのコードを入れると、表示開始となります。

広告の数は文字数など、コンテンツの量に応じて自動で決まり、どこに表示されるかは指定できません。

かなわち、クイックスタート広告のAMP版と言ってよいでしょう。
今はベータ版で利用できる方は限られますが、早く、皆様も使えるよう制限解除されると良いですね。

ちなみに、このサイトではアドセンスは使っていませんので、念のため明記しておきます。

自分のブログで収入を得る方法と仕組み~月1万円稼ぐ方法がわかる基本講座
QuickStart広告の検証報告~アドセンスのページ単位の広告に追加された新広告表示
アドセンスの禁止事項一覧とその具体例~アカウント停止にならない適切掲載を心掛けよう
インターネット広告収入を得る基礎知識セミナー~Googleアドセンス編
takadaのオンライン・アクセスアップ塾【個人別対応のアクセス向上・アドセンス収益サポートスクール】

閲覧ありがとうございます。ご参考になりましたでしょうか?
  • すごく良かった 
  • 普通だった 
  • 参考になった 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!





5万文字以上のブログ収入を得る為の「実践バイブル」を創刊致しました。
読切タイプの参考本的な内容です。詳しくは下記をご参照願います。
takada式「ブログで収入を得る実践テクニック」(適時追加あり)

無料でブログ・サイトの「アクセス向上」を狙うノウハウマガジンです。
無料購読可能→いつでも購読中止できるnoteにて無料配信中。
takadaのブログで収入講座(無料版)

takada素浪人

投稿者プロフィール

お忙しい中「脱藩起業」をご覧頂きまして深く御礼申し上げます。
現在、サイト運営の広告収入のみで生活している個人事業主で、2016年はお陰様で、運営サイト全体数値ですが5000万PVを達成致しました。
このサイトにてアドセンス広告は掲載しておりませんが、WordPressを使用したアフィリエイトや広告展開、そして愚痴などを中心に言いたいことも掲載させて頂いております。
もしよろしければ、Facebook・Twitterなどでご感想やご質問など賜りますと嬉しいです。(^-^)
あと採算度外視で「ブログで稼ぐオンライン・アクセスUP塾」も始めました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Twitter でフォロー

note
takadaの読み切りバイブル


【A8.netに登録しよう!】
◇ 広告主数・アフィリエイトサービス数日本最大級☆
◇ 登録はもちろん無料、審査なしのアフィリエイトサービス☆
◇ 使いやすいサイトNO.1
アフィリエイトならA8.net
ページ上部へ戻る