All in One SEO Pack~最新設定方法とサイトによる微調整の話

seopackの設定方法


All-in-One-SEO-Packの「一般設定」ですが、設定する項目が多すぎて、良くわからないのですよね?
どこのチェックボックスにポチを入れて置けおけばよいのか?
これでオールインワン・エスイーオーパックの設定は果たして間違っていないのか?

他のサイトさんでも、よく設定方法を公開なさっておられますので、どれが正しいのか?、非常に悩むところです。
特に数年前など、過去に公開している情報・設定は、今でも通用するのか?、100%信用できません。

と言う事で、今回、takadaのオンライン・ブログ塾の塾生さまからも、設定はどうすれば良いのか?と言うご質問を賜りましたので、私が行っている「最新の設定内容」を公開させて頂く事に致しました。

私が最も多くアクセスを頂戴しているサイトと同等の設定内容となります。

ただし、皆様のサーバー環境やその他のプラグインの設定などによっては、弊害が生じる可能性も捨てきれません。
その辺りは、各位にて微調整・別の設定をなさるなどのご対応をお願い申し上げたく存じます。
概ね、下記の通りで問題ないはずですが、何かトラブルなどが生じても、一切責任は負いかねますので、ご容赦願います。

All in One SEO Pack「一般設定」

プラウザの日本語翻訳が自動で機能してしまっていますのでご了承願います。
各画像はパソコンでご覧頂き、クリックすると拡大致します。
一般設定は下記の画像の通りで良いと考えております。

All-in-One-SEO-Pack設定

<補足事項>
このプラグインを利用し、すでに募金しています:の部分は、寄付がまだであれば、ポチはなしでも問題ありません。

All in One SEO Pack「ホームページ設定」

この「ホームページ設定」の項目は、入れない方が良いと言う指摘もあります。
ただし、私の場合は、入れておいた方がアクセス数が多いと言う感触ですので、必ず入れています。

All-in-One-SEO-Pack設定

All in One SEO Pack「タイトル設定」

この「タイトル設定」ですが、私の場合、サイトの名前が「長い」か「短いか」によって、設定を使い分けています。

All-in-One-SEO-Pack設定

先に画像で紹介してみましたが、例えば、サイトのタイトル(名前)が「日本の将来は本当に大丈夫なのか?わからない」など、長い名称にしている場合には・・
%page_title%
の部分にそのまま反映されます。

そうなりますと、Googleなどでの検索結果で・・

ページのタイトル | 日本の将来は本当に大丈夫なのか?わからない

と言うように、サイト名がそのまま表示されます。
そうしますと、検索結果での表示が途中で切れたりしますので、そのような時には・・

%page_title%を削除して、そこに直接、簡潔なサイト名を直接入れる事があります。
具体的には、下記の2箇所を変更しています。

ホームページタイトル形式:
投稿タイトルのフォーマット

検索結果での表示において、どのようになさるのかは、皆様の自由だと存じますし、特にこの部分、変えても変えなくても、SEO的にはどちらも問題ないと存じます。
よって、タイトル設定の部分はお好みで良いのではと考えております。

画像に出ていない他の項目はデフォルトのままで良いです。

なお、最新の状況と致しましては、Googleのほうで、検索結果ページに表示されるタイトルが、自動で調整されてしまいます。
そのため、ここで設定した通りに検索結果にて表示されると言う事では無くなっています。

All in One SEO Pack「カスタム投稿タイプ設定」

私の場合、カスタムでの投稿用SEO機能は使っていませんので「利用停止」にしています。
ただし、使いたい方はお使い頂いて構わないかと存じますが、その場合、投稿ページと固定ページくらいの設定にしておいた方が無難かと存じます。
よく意味もわからないと言う場合には、無視して良い項目です。

All-in-One-SEO-Pack設定

All in One SEO Pack「表示設定」

これは管理画面に表示させるか/しないかの設定ですので、SEOには関係ありません。
お好みでどうぞ。

All in One SEO Pack「ウェブマスター認証」

現在のGoogleサーチコンソールなどの認証(サイトの持ち主確認)をここで行う事も可能です。
私の場合は、別の方法で認証させている場合が多いので、余り使用しません。

All in One SEO Pack「Google設定」

このGoogle設定も、使っているのか?、使わないのか?だけの違いだと存じます。

Google+ デフォルトプロフィール:の箇所は、自分のGoogle+でも活用させたい場合には、設定して置くと良いのかな?と言う気がいたします。

GoogleアナリティクスID:の箇所は、アナリティクスと連動させたい場合には、お使いになられると良いかと存じます。
私は、解析は、ほとんどしていないので、この程度の設定のみです。

All-in-One-SEO-Pack設定

All in One SEO Pack「Noindex設定」

Noindex設定は、そのサイトの構成、またその運営者様の方針、カテゴリやタグの使い方によって設定がマチマチになる部分だと私は思っています。
そのため、下記の方法は、これまでご説明してきた中でも、あくまでも私の「例」として捕えてご参考賜りますよう、お願い申し上げます。

まず、Noindexにすると言う事は、Googleにインデックスしないでよとお願いする事になります。
インデックスされないと言う事は、検索結果に出てこないと言う事になります。
よって、検索結果に出したない項目を、NoIndexにしておくのですので、必ず非表示になると言う事ではありません。
最終的な判断は、Googleが行います。
インデックスさせるページが多すぎると、検索エンジンのBotが全部回りきれないと言う現象が発生して、SEO的に不利になると言われているようです。
すなわち、インデックスさせるページ数が少ないと、クローラーの回遊性が向上してSEO効果があるとも言えます。
しかし、NoIndexのしすぎも、かえって「悪い結果を招く」と私は考えております。

と言う事で、私が行っている設定方法は下記の画像の通りです。
ポッチが必要なのか?、必要でないか?の部分だけ画像にしています。
他の箇所はポッチ無しでお願いします。

カテゴリーをnoindexにする:の箇所ですが、ここはポッチを入れている方が多いように感じます。
カテゴリが検索エンジンにインデックスされると、SEO的にマズイと言うお考えが多いようです。
しかし、私の場合には、すべてのサイトにおいて、ご覧の通り、カテゴリはnoindexにはしていません。
その方が、SEO結果が良いと言う実感があるからです。

タグをnoindexにする:の箇所は、私の場合、サイトの規模により使い分けています。
タグ数が少ない場合、記事数が200記事未満など、まだ規模が小さい場合には、ご覧の通りあえてインデックスさせています。
逆に300記事以上などそれなりの規模になったサイトや、タグの種類が非常に多い場合には、回遊性を阻害しないよう、NoIndex(ポッチ入り)にしています。

私のこの設定に対してご不安な方は、カテゴリもタグも、ポッチを入れて、NoIndexにして頂いて結構です。
しかし、私の場合は、これが自分に合ったSEO対策だと考えております。

All-in-One-SEO-Pack設定

All in One SEO Pack「詳細設定」

詳細設定で使用しているのは、下記の・・
ディスクリプションを自動生成:
だけです。
他はポッチ入れていません。
ディスクリプションの自動生成は、SEO Packで一番便利な機能だと思っています。

All-in-One-SEO-Pack設定

All in One SEO Pack「キーワード設定」

最後の項目となる「キーワード設定」ですが、私の場合は下記のように設定しています。
この設定方法は、キーワードが自動で生成される方法です。
ただし、自動に頼らず、キーワードの部分は、大部分自分で入力しています。
そのうえでの補足的な使用、並びに、キーワードを自分で入れなかった際の補助機能として活用する為にONにしています。

なお、私の場合、カテゴリーの名前は、キーワードには適しておらず、タグをキーワードとして考えてサイト運用していますので、このような設定となります。
これも、皆様のサイトの状況により、設定は異なって来るかと存じます。

All-in-One-SEO-Pack設定

以上、All-in-One-SEO-Packにおける、私の最新設定内容でした。



なお、この設定内容は、今後のSEO対策・検証実験の結果、変更する場合も考えられます。
そのときは、takadaのオンライン・ブログ塾の塾生さまには、もちろん告知させて頂きますが、上記内容も差し替えし、常に最新情報を掲載させて頂きます。

※繰り返しご案内致しますが、上記のご参考は自己責任にてお願い申し上げます。

All in One SEO Pack「Sitemap」の標準設定方法

閲覧ありがとうございます。ご参考になりましたでしょうか?
  • 普通だった 
  • 参考になった 
  • すごく良かった 




5万文字以上のブログ収入を得る為の「実践バイブル」を創刊致しました。
読切タイプの参考本的な内容です。詳しくは下記をご参照願います。
takada式「ブログで収入を得る実践テクニック」(適時追加あり)

無料でブログ・サイトの「アクセス向上」を狙うノウハウマガジンです。
無料購読可能→いつでも購読中止できるnoteにて無料配信中。
takadaのブログで収入講座(無料版)

takada素浪人

投稿者プロフィール

お忙しい中「脱藩起業」をご覧頂きまして深く御礼申し上げます。
現在、サイト運営の広告収入のみで生活している個人事業主で、2015年はお陰様で、運営サイト全体数値ですが2500万PVを達成致しました。
このサイトにてアドセンス広告は掲載しておりませんが、WordPressを使用したアフィリエイトや広告展開、そして愚痴などを中心に言いたいことも掲載させて頂いております。
もしよろしければ、Facebook・Twitterなどでご感想やご質問など賜りますと嬉しいです。(^-^)
あと「ブログで稼ぐオンライン講座」も始めました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ご挨拶

いつもご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

お陰様で、2016年1月~11月は、このサイトを含めた運営サイト合計で4935万PVとなりました。

プロフィール

Twitter でフォロー


2016年8月、最新刊を電子書籍にて格安配信開始致しました。
ページ上部へ戻る