アドセンスさんから警告が届いた話と対処法

プロブロガー


皆様、こんにちは。
いつもご利用ありがとうございます。
今回は、2016年2月にアドセンスさんからメールが届いたと言う話でございます。

のんきに楽天にて買い物でもしようかなと、ブラウザを開いておりましたら、アドセンスさんからメールが届いているではないですか?

あっ、しょっぱなから、分かりにくいですね。
申し訳ありません。

私はメールソフトは使わずに、WEBブラウザでメールを送受信させて頂いております。
Outlookやofficeなどのメールソフトを使ってしまうと、そのソフトが入っているパソコンがないと、基本的にメール見れないですよね?
でも「ブラウザ上」であれば、極端な話、ネットカフェのパソコンからでも、メール送受信できる訳です。
例えば、自分のパソコンが故障しても、別のパソコンのブラウザでメールやり取りできますし、パソコンを買い替えた際に、メールを移行させると言う手間も省けるので、このような方法を取っています。

前置きが長くなってしまいましたが、アドセンスさんから届いたメールの件名(タイトル)は下記のものでした。

Google-AdSense:AdSense-プログラム-ポリシー遵守のため対応が必要な状態です

ガーン!

3年振りに、AdSenceさんから「ポリシー違反」のご指摘を頂きました。

しかも、メールでは
Google AdSense: AdSense プログラム ポリシー遵守のため対応が必要な状態です
Google AdSense: AdSense プログラム ポリシー遵守のため対応が必要な状態です
Google AdSense: AdSense プログラム ポリシー遵守のため対応が必要な状態です
と、3つも届いてます!

すなわち、3サイトと言う事です。

違反内容は、3サイトとも「不適切な広告ラベル」との事で、3日以内に対処してくださいとあります。

ちなみに、このサイトでは最初からアドセンスはいれておりませんので、当方が運営する他のサイトでの話でございます。



不適切な広告ラベル

昔にアドセンスさんからポリシー違反の指摘を受けた際には、即、広告の無効化だったのですが、今回は3日以内に対処すれば良いと言う「警告」ですので、まだ緩い部類でありがたいです。
でも、3日以内ですのでね、例えば3日間以上の出張したり、海外旅行なんか、うかつに行けないですよね。
googleで働いておられる優秀な皆様も、ときには7日間くらいバカンスをお楽しみになる事もあるのではとお察しする次第ですが・・。

また、今回、指摘を受けたサイトは、googleさんから特別に紹介を受けたSSPを経由させていないサイトですので、担当者さんにご相談させて頂く訳にもいかず、自分で対処するしかありません。

ちなみに「不適切な広告ラベル」の警告を受けた際には「スポンサードリンク」とアドセンスの広告の上に「追記」すればなんとかなるケースがほとんどだと思います。

でも、当方のサイトには全サイト「スポンサードリンク」の文字は、既に入れてあるのです。
アドセンス以外にも広告は入れていますが、他社さんの広告を見間違えたと言うようなことは、まさかないでしょうし、いつもながら、どこがどのように違反していると、具体的にご指摘頂けるものではないので、原因を追究するのにすごく苦労致します。

と言う事で、急遽、模索しながら対処を開始致しました。

(1)スポンサードリンクの文字は入っている

上記でも記述したとおり、広告ラベルは入っているので、これは問題ないと思います。

(2)スポンサードリンクの文字の大きさ(サイズ)が問題なのか?

次に考えたのが、文字サイズです。
今回指摘を受けた3サイトは、共通して、同じデザイン(テーマ)を使っていたと言う事があります。
その使用しているテーマのCSS関係で、デフォルトの文字サイズだと、周りの文字よりも「スポンサードリンク」の文字が、ちょっと小さく表示されていたのは事実です。
そのため、文字が小さいのがいけないのかな?と考え、スポンサードリンクの文字サイズを、fontタグを使って、文字を大きくしてみました。
しかし、これだけが原因だと言う確証もないので、他にも改善を試みます。

(3)広告がコンテンツの一部のように見えるのか?

WordPressで使用しているテーマのデザイン性の問題となってしまいますが、広告が他の記事紹介の画像類と、一緒のように見えてしまうと判断されてしまった可能性もあります。
この判断基準は、ほんとうに、私の方で問題無いと考えていても、アドセンスさんがどのように考えておられるのかまでは、事前にわからないので、善処が難しい部分です。
そのため、ちょっとでも心配な箇所は、思い切って、アドセンス広告の表示を遠慮させて頂きました。
収入は減りますが、この3サイトだけの問題でしたら、この対応が一番です。
他の部分で、大丈夫だろうと思われるところは、念のため、広告の前後画像などとの間隔を、今よりも「拡大」することで調整してみました。
これで、以前よりもよりハッキリと広告だとわかると思います。

以上の点を対応してみましたが、他にも間違った運用があるのかどうかは、もう、わかりません。
これで、改善しましたとの報告をしてみました。

なお、今まで3年間ずっと大丈夫だったの、今回、急にサイトの検査を受けているような状態になったのは、このように推測致しております。

過去の規約違反指摘も、1ヶ月3000円程度の支払いが始めて振込されたあと、1ヶ月30000円程度の振込が始めてだったあとでした。
そして今回は、アドセンスから1ヶ月100万円程度の振込が始めてあった直後に、このような指摘を受けています。
単なる私の気のせいかもしれませんが、アドセンスさんが念入りにチェックするタイミングは、金額の「節目」である時のように感じます。
そのアドセンスさんが設けている基準に達すると、違反が無いか?と、細かく見られているような気がいたします。

ちなみに、楽天アフィリエイトでも、初めて1ヶ月30000円になった時に、初めて違反指摘を受けたことがあります。

そして、SSPさんを経由させているサイトでも同様の警告が届いたと言う事で、このような時に大変頼りになる、SSPの担当者さんにも連絡を致しました。
その後の経過でございますが、警告は解除されています。
結論から先に申し上げますと、改めましてサイトのセキュリティー見直しを図りました。

これは、SSPの担当者さまから、改めましてアドセンスさんに直接色々と聞いて頂きましたら、想像もしていなかった事実もわかりまして、アドバイスを受けて対応したと言う事になります。

只今、証拠確認中でして、今後の対処方法も変わってくる可能性がありますが、ご報告はこれにて終了させて頂きます。

※この話題は、有料マガジン「takadaのブログで収入講座」にて、ほぼ同じ内容のものを先行発表したものを再編集してお届けさせて頂いておりますので、ご了承願います。

閲覧ありがとうございます。ご参考になりましたでしょうか?
  • 普通だった 
  • 参考になった 
  • すごく良かった 




5万文字以上のブログ収入を得る為の「実践バイブル」を創刊致しました。
読切タイプの参考本的な内容です。詳しくは下記をご参照願います。
takada式「ブログで収入を得る実践テクニック」(適時追加あり)

無料でブログ・サイトの「アクセス向上」を狙うノウハウマガジンです。
無料購読可能→いつでも購読中止できるnoteにて無料配信中。
takadaのブログで収入講座(無料版)

takada素浪人

投稿者プロフィール

お忙しい中「脱藩起業」をご覧頂きまして深く御礼申し上げます。
現在、サイト運営の広告収入のみで生活している個人事業主で、2015年はお陰様で、運営サイト全体数値ですが2500万PVを達成致しました。
このサイトにてアドセンス広告は掲載しておりませんが、WordPressを使用したアフィリエイトや広告展開、そして愚痴などを中心に言いたいことも掲載させて頂いております。
もしよろしければ、Facebook・Twitterなどでご感想やご質問など賜りますと嬉しいです。(^-^)
あと「ブログで稼ぐオンライン講座」も始めました。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ご挨拶

いつもご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

お陰様で、2016年1月~11月は、このサイトを含めた運営サイト合計で4935万PVとなりました。

プロフィール

Twitter でフォロー


2016年8月、最新刊を電子書籍にて格安配信開始致しました。
ページ上部へ戻る